京都岡崎レッドカーペット 2013年


京都岡崎レッドカーペット

9月の7日・8日に、平安神宮前の神宮道で京都岡崎レッドカーペットが行われました。

まゆまろ京都岡崎レッドカーペットは、昨年から始まった、平安神宮前にレッドカーペットを敷いてしまうという斬新なイベントです。昨年の様子もブログに書いていますので、よければご覧になってみて下さい。昨年の目玉は、時代祭の列でしたが、今年は京都の「ゆるキャラ」が大集合し、30分に一回程度の割合で若者による踊り(パフォーマンス)も披露されました。そして、その合間合間に、カーペットが解放されるという形式でした。また、併設されているグルメフェスタも、世界の料理や地ビール、京都の地酒などを集めて充実し、昨年はあったアートゾーンはなくなりました。

キタイ君今年はオープニングイベントを覗いてきました。オープニングにも、京都各地から23体のゆるキャラが登場。子どもたちと一緒にカーペットを歩いていきました。以前、京都のゆるキャラについてのブログを書きましたが、その時には見かけなかったキャラもたくさんいました。中には、ゆるくはないキャラもいて、京都市北区の「キタイ君」の全身キンピカの姿とそのキャラ設定はインパクトが強かったです。ゆるキャラではなく「つよキャラ」なのだそうです。

エコちゃん行列の先頭は、人気のある「まゆまろ」「たわわちゃん」「エコちゃん」らが務めていました。京都市関係のキャラも多く、地下鉄や市バス、上下水道局などでおなじみのキャラも見かけました。それにしても、各地にいろいろなキャラがいますね。群雄割拠の時代ですので、こういった式典に呼ばれるのも激戦なのでしょう。

たわわちゃん式典は、いよいよゆるキャラたちがカーペットを行進していく段になって、雨が強まってきてしまいました。少し前に降り出していれば中止になってもおかしくないほどでしたが、既に歩き始めていたため、強行されました。子どもたちも、吹奏楽やチアリーダーの皆さんも、京都のお偉方も、もちろんゆるキャラもびっしょりと濡れてしまいました。

京都岡崎レッドカーペットチアリーダーらのカーペット行進は残念ながら中止となり、少し早くカーペットは一般に開放されました。平安神宮の応天門をバックにしたレッドカーペットの風景はなかなか美しいです。この日は、すぐ近くの「みやこめっせ」で、「京まふ」と呼ばれる漫画やアニメのイベントが行われていました。「京まふ」とは、「京都国際マンガ・アニメフェア」の略なのだそうです。かなりの人が訪れていて、レッドカーペットにもコスプレをした方が来ては写真を撮っていたのが印象的でした。

京都岡崎レッドカーペットまた、今年は7日の夜のみライトアップも行われました。明るいライトで照らしていますので、写真も十分撮ることができ、なかなか綺麗でした。神宮道のパフォーマンスは、ちょうどこの日の最後の出演団体「ピンクチャイルド」の皆様を見てきました。人数も多く、キレのある踊りと笑顔で、観客を楽しませてくれました。一部ですが、動画もありますので見事なパフォーマンスの雰囲気をご覧になってみて下さい。

京都岡崎レッドカーペット京都岡崎レッドカーペットは、今年は終了しましたが、グルメフェスタも盛況で、見に来ている方も多かったです。この人気ぶりならば、恐らく来年以降も開催されていくと思いますので、機会がありましたら、皆さんもレッドカーペットの上を歩いてみて下さい。やはり非日常の空間です。

散策のお知らせ
散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。
ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.