京都は峠を越えるも、今しばらく土砂災害に警戒を


鴨川 五条大橋から

京都府下は大雨の峠は越えましたが、今しばらく土砂災害に警戒をしてください。

鴨川 三条大橋中国地方や愛媛県を中心に大規模な災害となってしまいました。気象予報士として、大変心を痛めています。無念にも亡くなられてしまわれた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。突然のことに、被災された方は途方に暮れる思いをされておられるのではないでしょうか。今後、死者・不明者がさらに増えてしまう恐れもあり、平成となって最悪の気象災害となってしまうかもしれません。西日本では、まだ8日にかけて散発的に雨が残る予報のため、雨の降り方や土砂災害には厳重に警戒をしてください。9日からは太平洋高気圧が強まり、梅雨明けしてくるはずです。あともうしばらくで収まってきます。

鴨川 三条大橋下流西側は立ち入り禁止に雨が止んでからも地中の水分が抜けていくまでには時間がかかるため、しばらくの間は警戒を続ける必要があります。山や崖沿いの方は、家の2階の崖から反対側の部屋に入るなど、少しでも身の安全を守ってください。今夜は特別警報が継続されている岐阜県の中部で雨が降り続いており、長良川の水位が上昇しています。土砂災害の危険も非常に高まっていますので、厳重に警戒をお願いします。少しでも被害が小さくなることを心から願っています。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.