ロームシアター京都に上がった「まねき看板」


まねき看板 ロームシアター京都

今年の吉例顔見世興行のまねき看板は、南座の改修によりロームシアター京都に上がっています。

まねき看板 ロームシアター京都昨年から南座は耐震補強工事に入っており、今年の吉例顔見世興行はロームシアター京都で行われます。恒例の「まねき看板」は、昨年までは南座に上がりましたが、今年はロームシアター京都に上がっています。どんな様子か想像がつきませんでしたが、眺めに行ってみました。

まねき看板 ロームシアター京都まねき看板は、毎年11月25日に例年であれば南座に掲げられる京都の師走の風物詩として知られています。看板の文字は「隙間がないほど大入りになるように」との願いから、太く丸みを帯びた「勘亭流」という書体で隙間なく役者の名を記した一枚板。人が中へと入ってくるようにと、内向きに字がまとめられているのが特徴です。全国でも、江戸時代以来の古式が残るのは南座だけという貴重なものです。南座にまねき看板が上がらないのは松竹が南座の運営を始めた1906年以降では初めてだそうです。

まねき看板 ロームシアター京都かつては芝居小屋と歌舞伎役者との契約は、プロ野球選手のように1年更新。もともとは長期契約でその間は他の芝居小屋での出演もできなかったそうですが、それでは顔ぶれが単調になってしまうということで考え出された仕組みです。顔見世興行はその年のその芝居小屋の顔ぶれを披露する、最も大切な興行であったわけです。これは旧暦の11月初旬に行われていましたが、明治以降には新暦の12月に行われるようになりました。

南座南座の改修により、今年はロームシアター京都での公演にはなりますが、八代目中村芝翫(しかん)さんらの襲名披露など話題もあります。12月1日~18日にかけて行われますので、ご覧になってみてください。なお、南座のほうには、京都の日本画家・故樋口富麻呂氏による、1971(昭和46)年の顔見世時の南座を描いた作品を縦12m、横14mに拡大転写した大きな幕が掲げられており、こちらも見ごたえがあります。いよいよ師走も間近です。

ブログ未公開の紅葉情報を随時公開中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているDMM経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.