獅子崎稲荷神社のミツバツツジ


獅子崎稲荷神社

先日、京都府北部の宮津市にある獅子崎稲荷神社を訪れました。ミツバツツジが美しく、雪舟観と呼ばれる天橋立の眺望も望める場所です。

獅子崎稲荷神社今年は4月22日から神戸新聞文化センターで「丹後七姫物語」と題した講座を開催させていただきます。先日、取材で丹後へと足を延ばしてきました。その合間に立ち寄ったのが、宮津市にある獅子崎稲荷神社。宮津湾の東にある神社で、4月中旬から下旬にはミツバツツジが境内を彩ります。神社は高台に向かう斜面にあるため、急な階段を登って行きますが、朱色の鳥居を飾るように咲くミツバツツジが大変見事でした。

雪舟観実は2年前にもう少し遅い時期に訪れており、その時も美しかったため今年も楽しみにしていました。平日の午前中とあって人影もなく、見事な眺めを楽しませていただきました。神社に参拝してからさらに上へと登ると展望台があり、こちらからの眺望が雪舟の描いた国宝「天橋立図」の構図とよく似ていることから「雪舟観」と名付けられています。手前に宮津湾と天橋立、そしてその奥に成相寺という光景です。

獅子崎稲荷神社雪舟の描いた構図はさらに高い場所からの視点となり、実際には同じ景色を見られる場所は存在しないため、雪舟が想像で描いたとされますが、似た構図の場所を探すとここになるということです。横一文字に伸びる天橋立を望める場所です。この時期はおすすめの場所ですが、獅子崎稲荷神社は道路に面しており、駐車場が1-2台分のスペースしかありませんのでご注意下さい。

獅子崎稲荷神社

獅子崎稲荷神社

獅子崎稲荷神社

獅子崎稲荷神社

獅子崎稲荷神社

雪舟観

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.