春の花が咲き乱れる京丹後市の「花郷OKADA」


花郷OKADA

京丹後市網野町木津岡田にある「花郷OKADA(はなごうおかだ)」は、京都では屈指の規模で春の花々が咲き乱れる場所です。

花郷OKADA花郷OKADAは、2013年にオープンした京丹後市の新名所。先日ご紹介をした夕日ヶ浦温泉からもほど近い場所で、広い駐車場もあります。4月後半から6月中旬ころにかけて公開されており、甲子園の5倍以上、75000㎡の広大な敷地の中に、八重桜、チューリップ、芝桜、藤棚、菜の花、つつじ、バラなど、春の花が次々に咲いていきます。入園料は650円、開花状況などは運営されている北近畿リゾートさんのホームページをご確認ください。

花郷OKADA私が訪れたのは4月25日でしたが、一面の芝桜にまだ残る八重桜、色とりどりのチューリップ、甘い香りの菜の花も咲いて、どこまで歩いてもたいへん見事な光景でした。園内はアップダウンがありますので、歩きやすい靴がよいかと思います(ハイヒールは禁止)。この日は近くの園児たちも訪れていて、一面の花畑に歓声を上げていました。また、年配のご夫婦や家族連れなど、近隣の方が毎年楽しみに訪れているようです。花はどんどん移り変わっていきますので、私もまた機会を得て訪れてみたいと思う美しい場所でした。園内の様子は写真でご覧ください。

花郷OKADA

花郷OKADA

花郷OKADA

花郷OKADA

花郷OKADA

花郷OKADA

未公開の京都写真・京都の天気の解説など、京都情報を発信するFacebookグループ運営中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.