台風の接近に警戒を


増水した鴨川

台風15号が東日本へ接近する予報です。

鴨川二つの台風が日本の近くにあります。西の海上にある台風13号はこのまま北上をして朝鮮半島北部へと向かい、直接の影響は限定的ですが、通過後に南北に延びる雨雲が沖縄奄美や五島列島、対馬付近にかかり続ける恐れがあり、大雨には警戒が必要です。一方、南東から時計回りに近づいてくるのが、台風15号です。

鴨川6日22時発表の予想では、台風15号は8日21時の段階で静岡県から関東南部に接近、上陸している恐れがあります。いずれにしても最接近は8日夜から9日午前中になりそう。特に関東で警戒が必要です。今回の台風の特徴のひとつは勢力を強めながらやってくること。直撃を受ける地域では油断することなく、備えを行って下さい。

鴨川もうひとつは風や雨が強い範囲が比較的狭く、コンパクトなことです。大きな影響を受ける範囲は絞られますが、とはいえ勢力を強めながらしっかりとした形を保って近づいてきますので、急に大荒れに天気が変化してくることになるでしょう。最新の台風情報をご確認頂きながら、進路に当たりそうな静岡から山梨、関東、東北南部を中心に十分にご注意下さい。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.