危険な台風 命を守る行動を


強風で揺れる街路樹

台風19号は、12日夕方~夜に静岡県東部から神奈川県に方面に、記録的な勢力で上陸する予想です。

大将軍神社 台風21号 9月連日このブログでも台風について書いています。それだけ私の中でも危機感があります。上陸時の気圧は「945hPa」が見込まれており、非常に強い勢力で上陸する予想。過去最低気圧は、御前崎(1932年~)が952.6hPa、石廊崎(1939年~)が948.0hPa、静岡(1940年~)と網代(1937年~)が961.0hPa、横浜(1896年~)は953.8hPa、東京(1875年~)は952.7hPaという数字で、静岡・関東に向かう台風としては歴代でも最強クラスです。特に関東では最悪コースで暴風・大雨・高潮のいずれも危険です。一方で台風から離れている場所でも風が強く、京都でも12日午後から夜にかけて北風が強まります。特に夕方~夜の初めは厳重な警戒が必要です。外出はしないでください。

台風18号水害 鴨川 9月雨については静岡や関東は狩野川台風に匹敵する記録的な雨量となる恐れもあり、台風の中心が近づく前にすでに大雨による河川の氾濫や土砂災害などの甚大な被害が発生している可能性も大いにあります。そこへ記録的な暴風となれば、時中の避難はほぼ不可能です。浸水危険エリアや山崖沿いの方は、12日の早い時間で避難を終えて下さい。命を守る行動をお願いいたします。大雨や暴風は東北や北陸でも大いに心配で、竜巻やダウンバーストといった激しい現象の起こる恐れもあります。高潮も心配です。台風の中心から距離がある場所でも決して油断をせず、身の安全を確保して下さい。

台風18号水害 鴨川下流 9月雨雲レーダーなどの気象情報は民間のサイトでも見れますが、気象庁のサイトは土砂災害、浸水害、洪水の危険度情報も見られます。上部のタブを切り替えて、情報をご確認下さい。河川の水位は「川の防災情報」があります。10分水位で見て下さい。ともかくも早めの避難が肝要です。本当に記録的な台風で、数多くの死者が出てしまっても不思議ではありません。少しでも被害が小さくなることを心から願っています。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.