九州のみならず、各地で大雨に警戒を


京都タワー

九州北部では28日朝に大雨特別警報が発表され、記録的な大雨となりました。この先しばらく、広範囲で大雨に警戒が必要です。

鴨川8月も終盤に入り秋の気配も感じられますが、秋雨前線が活発化して、九州では記録的な大雨となりました。九州は元々雨が多く、その分抵抗力はある地域ですが、それを上回るほどの猛烈な雨が降り、大規模な浸水被害が発生してしまいました。亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。経済的な被害も甚大だと思います。

鴨川今回の雨は、数時間~1日単位の雨の強弱はありながら、かなりの長丁場となる恐れがあります。週間予報にも雨やくもりマークが並び、最悪9月初めにかけて同じような気圧配置が続いて、西日本を中心としつつも東日本や北日本を含めて断続的に大雨が発生する恐れがあります。今回被害を受けたエリアのみならず、広範囲でゲリラ的に雨脚が強まって、浸水や土砂災害などの災害が発生する可能性もありますので、最新の情報や雨の実況には十分に警戒をして下さい。

京都駅気象庁のホームページでは、雨雲の実況や予想だけではなく、土砂災害・浸水害・洪水の危険度分布も確認をすることが出来ますので、早めの避難をお願いいたします。特に雨が何日も降り続く場合は土砂災害が心配ですので、山や崖沿いの方は早めの避難も心がけて下さい。当面、災害リスクが高い状態が続きますが、被害が少しでも減ることを願っています。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.